Powered by Six Apart

スト4まっさかり

  • 溜めキャラなのに我慢できない "http"がスパムコメント対策で禁止ワードになってます

« ケン@キャラ印象メモ   | メイン | 江坂スト4動画見たその1  »

2009年6月15日 (月)

ケン@バイソン攻略

個人的に苦手なキャラ、なんで苦手?と思ったら対策らしい対策をたてたことがない&考えをまとめたことなくて場当たり、直感のみでやってるのが原因?
基本疑問系の整理整頓まとめ記事

・端~端
やることないんで波動打ったり弱昇竜打ったり
相手がヘッドでゲージ溜めに付き合ってくれたらびたすら昇竜
おそらく相手が近づいてくるんでこの間合いはそうない
相手のウルコン溜まってたら前ダッシュウルコンを狙ってくるので波動は禁止
波動セビ後ダッシュならウルコンを誘える?やったことないけどいけそう

・遠距離(相手の強ヘッド対空が当たらない間合い)
この距離からバイソンはダッシュストレートで削りメインの戦法に
ダッシュストレートを軸にじれて飛んでくる相手を対空、強引なけん制に刺し返しを狙ってきたりEXアッパーやヘッドをぶっぱなしてくる
このストレートにどれだけ対処できるのかが大事っぽいんで対策案

・垂直Jで様子見
ストレート出しそうな場所で垂直J、ストレートはタイミングがあえばコンボ、スマッシュや中段は確定
あまりリスクはない?垂直JにEXアッパーをあわせられたらやばいかも
それを狙うならカクカクしてEXアッパー暴発させるのがよさげ

・セビ2置き
そのまんま。当たれば前ダッシュから最速立ち強K強竜巻、端付近ならEX昇竜
当たればでかい。やりすぎるといろいろ食らう

・セビちらみせバックステップ
置きセビを潰す技を逆に刈り取る、刈る技はEX昇竜とウルコン
メインにしてもいいかも?ただ使いすぎると画面端背負って機能しなくなる

・ダッシュ技みてからセビ、その後セビダッシュしてから反撃
チュンリーのハザンと同じ使い方、セビダッシュ後は密着から下弱Kはいるんかな?はいるなら下弱K立弱P下強P強昇竜orEX昇竜で安定
密着じゃないなら下中KEX昇竜、反撃に自信がないなら投げ
問題は二つ、一つ目は相手が中段だしてきたらどえらいことになる
二つ目はダッシュ技と思ったらターンパンチでぶち当たること。これはもしかしたらセビを即開放すればターンパンチにセビ1カウンターヒットがいけるかも、用検証


・直接EX昇竜orウルコンあわせる
十分狙えるレベル、ただやりすぎると動きが雑になるので使いすぎ注意


・様子見
相手のターンパンチやEXダッシュ系を待つ。ターンパンチは下中KEX竜巻、EXダッシュには下中KEX昇竜、余裕あるならウルコン
下中K強昇竜は強昇竜がカウンターにならないことがあった、反応が遅いだけ?
今のところ下中KEX昇竜にしてるけど反応早ければ確実にカウンターヒットするなら下中K強昇竜も取り入れる
ちなみにストレートがきたら諦めてガードする

これらを使い分けると相手もストレートを簡単には使えなくなりそう
となるとリーチ差をいかした相手の下強K先端間合いが勝負になる

・中距離(相手の強ヘッド対空~立ち強Kや下強K先端の間合い)
相手の距離。といって前Jすると落とされてダメージ食らう。またここでもストレートで削られる
この距離のストレートはガード後強昇竜が入る距離とそうでない距離があるので判断が難しい
確実にいけると思ったときのみ強昇竜を出す

ここでのストレート削りはダッシュ技みてからセビダッシュ、みてからEX昇竜、様子見を使い分ける。相手の下溜めがない場合は垂直Jも混ぜる
置きセビはこの距離から怖くなってくる、忘れたころに使うと相手の警戒もゆるくなるので狙ってもいいかな?当たればでかいし
相手がEX好きなら様子見メイン。様子見してるとき相手が飛んでくることがある
この場合の対空はすこしでも対空意識があればまず落とせる、ターンパンチとEXダッシュ技この二つに対応しようとしたら対空はでないかも?慣れの問題かな?

下強Kや立ち強Kはガードが基本、バイソン戦に定評があるとあるリュウ使いさんに聞いたので間違いないでしょう
削られるわけでもなくガードクラッシュ食らうわけでもないので慌てない
ある程度相手の癖を掴んだらセビダッシュから反撃
下強Kは下中KEX昇竜、立ち強Kは強昇竜
これに慣れたらもっと重い反撃を入れていきたいね


近距離は下弱Pぶん回してくるのでそれをどうするかだけ、特に書くことなし
次は各種技後の行動

ストレートガード後の展開

・めりこんだ
強昇竜確定。相手がゲージ二つもってる場合わざとめりこませている可能性あり

・めりこまなかった
反撃できる技はなし。相手の溜めはないのでヘッドやEXダッシュ技の恐怖がない
ガード後は移動投げ、下中K、前中K、ゲージ2あるなら移動強昇竜も使ってた。それに移動弱昇竜とバックステップ一点読みの前ダッシュ移動強昇竜が使えるかもしんない

・移動投げ
固まってる相手をブン投げる、下弱P連打に勝てたり負けたり。積極的に狙う

・下中K
これは下弱P連打にはまず勝てる、キャンセル波動はヘッドの溜めが間に合うかも

・前中K
相手の高性能バックステップを蹴る、下弱Pきたら涙目

・移動強昇竜
相手の高性能下弱Pを燃やす、バックステップきたら涙目の可能性あり

・移動弱昇竜
基本↑と同じだけどこれはバックステップされても溜めが間に合わない(と思う)ので大事故にはならない
ヒットした場合もゲージを確実に消費するのが難点
相手の溜めが間に合って痛い反撃を食らうなら使う価値なし。検証する価値・・・はあるようなないような

・前ダッシュから移動強昇竜
ストレート削りの強さを支えているのがバックステップ
不利な状況を安全に回避できてかつ距離もとれてついでに溜めもつくれる。バイソンにとってはとても信頼できる行動
それを一点読みで痛い目あわせそうなのがこれ
バイソンのバックステップが最後まで空中判定なら面白そう、地上判定でも相手の安定回避にまとまったダメージを与えられるのは大きい
ただこれ安定して入るか微妙、猶予も少ないし
調べる価値はありそう。空中判定ならいいなぁ


・ターンパンチガード後
ストレートと違うのはヘッドやEXダッシュがあること、事故多発
上の選択肢に遅らせ投げ抜け仕込み下中Kや立ちガードを使っていく
一番いいのはターンパンチをガードする前に潰すこと

・地上竜巻ヒット後
EX後でもよろしくない場面、ここから読み負けても泣かない
相手の行動は下弱P、投げ、ヘッド、EXダッシュ技の4つが軸。この4つ全てに対応できる行動はない
なので割り切って一つ捨てる、読み負けた場合は切り替えが大事


こんなところ
思いつくまま書いたんでいつも以上に前後の文章がつながってない、なんとなく理解できればいいか
見直してみると相手に対応することしか書いてない。これを踏まえて前中K下中K波動の差し込むポイントや飛び込むタイミングを掴んでいくのがバイソン戦の課題やね

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348897/20188335

ケン@バイソン攻略を参照しているブログ:

コメント

ただでさえキツイのに対策とか困りますw
あとバソのバクステは最後地上判定です。

そんな定評ないですw
wao様なら、大足見てからウルコンでバイソン詰みます。

な、なんでおおっぴらにバイソン攻略なんかを・・・。
ひ、ひで~;;

初めまして
いつも有益な攻略情報を読ませて頂いているb72です。

バイソンのバクステは1から8が無敵判定で9~17が空中判定、17~24Fが地上判定だそうです。参考までに

もう知っていたら御免なさいです。

>ニンニキさん
バックステップ地上ですかー、残念
代わりに昇竜スパキャンれっぱで代用します!

>スネ様
大足みてからウルコンは無理だけど最後のあがきで中距離でのウルコンぶっぱは当たりやすいかも?今度試してみます

>富士山さん
あれですあれ、対策の対策すればペンション生活一直線


>b72さん
初めまして
バックステップの詳しい情報ありがとうございます、フレーム関係は細部まで知らないので助かります

動画見ました。
とても参考になります。

バイソン戦なんですが、
起き攻めに中足仕込み昇竜されてはどうでしょうか?
ヘッドは中足ですかせるしEXダッシュ系は美味しくいただけます。
ガードされるとゲージ使いますが選択肢の一つとしては悪くないと思います。

余計な事かもですが。

余計な事ついでですが、
ヘッドをガードしたらウルコン入るはず

参考になってよかったです、僕もこれから動画みてきます

中足仕込み昇竜は相手が強気に来るタイプなら使っていったほうがいいですね
EXアッパーかヘッド当ててでかい一撃を狙う相手を返り討ち

ヘッドガード後は昨日バイソンと対戦したときやったら当たりました
出した後に当たったかな?とドキドキしたんである程度ヘッドを意識していないと使いにくいようです

コメントを投稿